奄美神社巡り(パワースポット) 笠利町 屋仁 蒲生神社

パワースポット巡り

神社巡り・パワースポット巡り

こちらのコーナーでは、奄美各地にある神社(パワースポット)を巡るスタンプラリーを実施しています。スタンプラリーの参加方法はこちら←クリック

☆奄美全体の神社一覧はこちら←クリック

神社データ

神社名

蒲生神社

所在地

鹿児島県奄美市笠利町大字屋仁

評点

1.神秘度    ★★★☆☆

2.道程・困難度 ★★☆☆☆

3.本殿まで   ★★☆☆☆

4.達成感    ★★☆☆☆

5.SNS評価   ★★★☆☆

6.閲覧数    ★★☆☆☆

ギャラリー

壇ノ浦で敗れた平氏が奄美大島に落ち延びてきて、その為の見張り場としての場所が、龍郷の今井崎と、笠利の蒲生崎ということになります。今井崎は今井権太夫、蒲生崎は蒲生左衛門が祀られています。

かつての見張り所は現在、蒲生公園として整備されており、遊歩道や展望所があります。

説明板(昭和52年)があり、展望台に書いてあったものと合わせ、要約は次のように書いてあります。

壇ノ浦の戦いで敗れた平家の落人伝説がある。この島に逃れた平家の落人は300人を超えた。要所に城を築き全島を制圧した。源氏の追討を恐れ、笠利湾の入口、東の屋仁崎に蒲生左衛門、西の安木屋場崎に今井権太夫を配し遠見番所を設けた。

源氏の旗印と見間違えないように、漁船の白帆を禁止した。

蒲生神社はいつの頃建立されたか分からないが、蒲生家の住まい跡を利用して、神社になったもののようである。御神体の鏡は文化3年(1806)の奉納である。

明治以降、幾多の戦争があったが、出征兵士がここにお参りし武運長久を祈念した。天保9年(1838)ニャテラガナン神を合祀し、縁結び、お産の神として信仰された。

なお本殿へは、第一鳥居をくぐってからは下り坂になっており、苔むした道なので滑らなように気を付けてくださいね( ;∀;)

動画

準備中です( ;∀;)

スタンプラリー関連

アクセス方法

この神社へは笠利町赤木名集落を過ぎ、北上していくと蒲生崎観光公園の看板があるのでアクセスは容易だと思います。

神社への入り口は遊歩道の途中、左手に見えてきます。

地図

スタンプラリーポイント

神社スタンプラリーポイントはです。

タイトルとURLをコピーしました